酵素サプリメントのOM-X 第61回 『食事からコラーゲンをとる...



定期お届けコースはこちらから
定期お届けコースはこちらから












当サイトについて

お問い合わせ

特定商取引法に関する法律

景品表示法に関するポリシー

◎定休日:土・日・祝祭日
ネットでのご注文は24時間受け付けております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。

月曜~金曜  9:00~18:00

こんにちは!
オーエム・エックスの管理栄養士のすずみんです!

まだまだ肌寒い日が続いていますが、
皆さま体調はいかがですか?

桜の花のつぼみが徐々に膨らみはじめていて
春がどんどん近づいています。

スーパーでも春の食材が並ぶようになり、
食いしん坊の私は、旬のものが出ると端から買ってしまいます。
今の時期は・・・菜の花!
月刊誌でも特集しています“菜の花”ですが、
私は、おひたしや辛子和え、
そしてパスタの具としてもよく食べます!
このほろ苦さがたまりません!

旬のものは、その時の栄養素を豊富に含みますので、
皆さまも“旬”を大事に、食材選びをしてくださいね!

===========================

 第61話 『食事からコラーゲンをとる方法とは?』 
===========================

 “OM-X+コラーゲンドリンク”販売開始記念号!
 コラーゲンも大切なたんぱく質です!

“OM-X+コラーゲンドリンク”の販売開始を記念しまして、
前回から【コラーゲン】を特集しています!

リニューアルのために、販売を長らくお待たせしておりました。
お客様にはご迷惑をお掛けいたしまして
大変申し訳ございませんでした。
今後ともぜひよろしくお願いします。

今回も、コラーゲンについてお話いたします!
健康や美のために、コラーゲンを取り入れていきましょう!

==========================


 体や美肌のために欠かせないコラーゲン


肌にハリと弾力を与えるコラーゲン。
コラーゲンは、肌以外にも骨や血管などの弾力や強度を保っていて、
体全体のたんぱく質の30%も占めている成分です。

しかし、加齢によって体内のコラーゲン産出量は減少し、
40代では、20代の70%程度にまで減ると考えられています。

だから補う!
ということになりますが・・・

コラーゲンはたんぱく質ですので、体にそのまま吸収されず、
アミノ酸に分解されてから吸収されます。
ですから、摂取したコラーゲンが直接お肌の原料になるとは考えられず、
別の器官が必要としていれば、そちらに優先的に使われます。

しかも、コラーゲンはもともと吸収や代謝はされにくく
体が必要とする量も多いため、肌のための美のコラーゲンとして
再合成されることは極めて少ないとも指摘されています。

しかし一方で、さまざまな研究結果により、
継続的なコラーゲン摂取によって
肌の水分量やヒアルロン酸の産出量が向上したという
データも発表されています。
また、私たちの体に備わっている適応能力によって
長期のコラーゲン摂取で、コラーゲンの分解酵素が活性化し
吸収が高まることや、コラーゲンを作る細胞の働きが
高まるとも考えられています。


 食事から補うには、どうすればいいの!?


いろいろな見解はありますが、
弾力ある体づくりのために、コラーゲンを取り入れていきましょう!

コラーゲンは、動物性たんぱく質の一種。
ですから、鶏肉や豚肉、牛肉や魚に含まれています!

では、素材が違うとコラーゲンも違うのでしょうか?
  ↓
実は、ほとんど一緒です!
素材が違っていても、コラーゲンの構造には大差はありません。

また、鶏肉や豚肉などといった動物性たんぱく質に
多く含まれているため、こういったお肉などを
たくさん食べると太ってしまうのではないかと
思っていらっしゃいませんか?
  ↓
そもそも、鶏肉や豚肉、お魚などには“適量”があります!
たくさん食べれば、体には負担をかけます。

しかし、コラーゲンに着目すれば
コラーゲンはたんぱく質ですから、
太りやすい成分は、食材に含まれるコラーゲン以外の脂肪の方でしょう。
なぜなら牛スジや、鶏肉や魚の皮、ウナギなど、
コラーゲンが多い部位には脂肪もたっぷり含まれる事が多いのです。
脂肪を含まないゼラチンを利用したり、
下ごしらえの際に脂肪を取り除いたり、下ゆでしたりすれば、
太るといった心配は少なくなるかと思いますよ。


 コラーゲンは、いつ摂るのがおすすめ!?


実際のところ、いつ摂るのが良いのかといった
研究データはありません。

しかし、食事で補ったコラーゲンが体の中で分解されると
“グリシン”というアミノ酸が多く作られます。
このグリシンは、入眠効果があって睡眠の質を向上させると言われる成分!
夜摂れば、ぐっすりと眠れて
お肌の状態を良くするためにいいかもしれません!


 コラーゲンを多く含む食材を教えて!


コラーゲンを多く含む食材をご紹介します!
■うなぎ
■牛スジ
■鶏やげん軟骨
■ハモ肉
■鮭(皮あり)
■鶏砂肝
■ゼリー
■鶏手羽元
■ちりめんじゃこ
■鶏モモ肉(皮つき)
■豚スペアリブ(バラ)
■いか
■豚コマ肉 などなど・・・

厚労省が示す「日本人の食事摂取基準2010版」では、
コラーゲンの摂取量についての明言がされていません。
そのため、上記の食材を含め、「○○グラム摂りましょう!」
とはっきりとお伝えできないのですが、ぜひ取り入れていきましょう!


 OM-X+コラーゲンは!?


新発売のOM-X+コラーゲンには、
OM-Xの発酵エキスとともに、
1本7,750mgものコラーゲンが含まれています。
このコラーゲンは、吸収しやすい
低分子化したペプチドコラーゲン!
OM-Xエキスによって吸収の土台であるお腹の環境作りをしながら
コラーゲンを取り入れて、美をサポートしていきましょう!
コラーゲン合成に欠かせないビタミンCに加え、
ヒアルロン酸やCoQ10も含まれ、美のサポート成分も補っています。

ご興味のある方は、ぜひ下記をご覧ください!


あなたの健康への道のり、応援しています!
フレー!フレー!!!

======================■□■

【編集後記】

コラーゲンを購入する場合、
どんなところにポイントを置いて購入すればいいのでしょうか?
上記でお話した通り、コラーゲンは吸収されにくい特徴があります。
魚や肉に含まれるコラーゲンの分子は約30万。
それを加熱や酵素の働きで数百~数千程度に
小さくさせた状態になっている【コラーゲンペプチド】が
市場の美容商品に使用されています。
小さい分子であれば体に吸収されやすくなるので、
商品選びのポイントにしてみてはいかがでしょうか。

======================■□■


健康や酵素についてのメールマガジンご案内
オーエム・エックスでは、お客様に最新の予防医学情報や健康情報をお届けするために、毎週メルマガを発行しています。代表である農学博士の高畑は、専門知識を活かして乳酸菌や腸内細菌、さらには酵素についての情報などを研究データを交えながら発信しています。また管理栄養士の宗は、「すずみん」としてみなさんの日常生活になじみ深い栄養情報や運動情報を親しみやすくお届けしています。ぜひ、弊社ホームページの会員登録後に「メルマガを購読する」にチェックしてください。

生酵素サプリのオーエム・エックス メールマガジンお申込み(会員登録)