【おいでんせぇ岡山】吉備津神社


吉備津神社は、大吉備津彦大神を主祭神とする大社です。備中国と備前国の境にある吉備中山の北西の麓に鎮座し、今日の吉備文化の基礎を造られたとされています。古来より、吉備国開拓の大祖神として尊崇され、日本建築の傑作「吉備津造り」の勇壮な社殿、釜の鳴る音で吉凶を占う鳴釜の神事、また桃太郎伝説のモデルなどで知られています。

吉備津神社は、平安時代からその名が知られ、主祭神は大吉備津彦大神で、吉備国総鎮守であり、三国に分割後は備中国一宮となりました。北東麓にある備前国一宮となった「吉備津彦神社」はその分霊を祀っています。
境内には「南隋神門」から続くなだらかな「廻廊」や、受験生に人気の学問・芸能の神様を祀る「一童社」、四季の花々や「イチョウの神木」など見所が多のが特徴です。ぜひ吉備津神社にお越しください。

パワースポットとしても有名です!