【最新研究情報】今、注目の植物栄養素ファイトケミカル!

最近、体に良い成分として「ファイトケミカル(フィトケミカル)」が注目されています。植物の持つ「第7の栄養素」としても知られ、その機能性が研究されています。今回はファイトケミカルについての情報をお伝えいたします。

今、注目の植物由来の栄養素「ファイトケミカル」

 

 みなさんは「ファイトケミカル」という言葉をご存知でしょうか?ファイトケミカルの”phyto”は植物、”chemical”は化学成分という意味で、植物由来の化学成分ということになります。私たちの体を作るために必要な「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」は3大栄養素と呼ばれています。また、その3大栄養素の働きを助ける「ビタミン」「ミネラル」を含め5大栄養素と定義されています。近年、食物繊維は適切な腸内環境の維持に欠かせない第6の栄養素とも呼ばれるようになりました。そして今、第7の栄養素として植物由来の栄養素「ファイトケミカル」が注目されています。

「ファイトケミカル」の持つ高い抗酸化力が注目されています

 ファイトケミカルは、野菜や果物、海藻、豆類、芋類、お茶やハーブなどの植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です。なかでも、ファイトケミカルが持つ高い抗酸化力が注目を集めています。

 体の中で発生する活性酸素は、適量であればウイルスや細菌から身を守ってくれるなど、大切な働きをしています。しかし、ストレスや生活習慣の乱れ、大気汚染などで過剰な活性酸素が発生すると、遺伝子の障害や、たんぱく質や脂質の酸化が進んでしまい、がんや生活習慣病の原因になるといわれています。

 ファイトケミカルにはどのような成分があるのでしょうか? 実は、普段耳にするポリフェノールやカロテノイドといった成分を総称してファイトケミカルと呼んでいます。また、大根やわさびの辛み成分であるイソチオシアネートも有名です。他にもお茶のカテキンや、赤ワインやブルーベリーのアントシアニンも代表的です。こうした成分はほとんどが抗酸化活性を示します。体が酸化によって錆びてしまうのを防いでくれるため、日常的にファイトケミカルを含む食品をとることが大切です。

1万種類の「ファイトケミカル」に色々な効果が期待されています

 ファイトケミカルは、約1万種類もあると考えられています。大きく分類すると以下の図のように、ポリフェノール系やカロテノイド系、イオウ化合物などに分かれます。また効果としては「抗酸化作用」「デトックス作用」「免疫調整作用」が知られている優れものです。

 乳酸菌やビフィズス菌は、腸の中で働いて機能性を発揮しますが、ファイトケミカルは体に直接吸収されて体内でよい効果をもたらしてくれます。善玉菌と一緒に野菜を取ることで、ファイトケミカルとの相乗効果も期待されます。

数十種類の植物を乳酸菌で発酵!

OM-Xエキスに含まれるファイトケミカルパワー

OM-Xエキスに使用されている数十種類の野菜や果物、海藻、茸類といった植物素材は、実はファイトケミカルパワーの宝庫。さらに、乳酸菌で発酵させることで抗酸化力やポリフェノール量も増えていきます。いくつかの代表的な素材を掲載してみました。普段のお食事とともに、ぜひファイトケミカルパワーを取り入れてください!

ファイトケミカルと乳酸菌発酵の相乗効果!?

左の図は、発酵年数ごとのOM-Xエキスの抗酸化力とポリフェノール量の違いを数値化したものです。発酵とともにどちらも数値が上昇しており、ファイトケミカルの力と乳酸菌の力の相乗効果が期待されます。
*あくまでも発酵エキスの研究データであり、商品の効果効能を示すものではありません。