酵素サプリメントのOM-X 【最新研究情報】幸せは腸で作られる!...



定期お届けコースはこちらから
定期お届けコースはこちらから












当サイトについて

お問い合わせ

特定商取引法に関する法律

景品表示法に関するポリシー

◎定休日:土・日・祝祭日
ネットでのご注文は24時間受け付けております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。

月曜~金曜  9:00~18:00
【最新研究情報】幸せは腸で作られる!? “幸福物質”セロトニン

幸せは腸で作られる!? “幸福物質”セロトニン

私たちの脳の中には、無数の神経細胞があります。この神経細胞がお互いに情報伝達を行うことで、脳は適切に体全体に指示を送ることができます。この神経間で情報を受け渡すときに必要なのが、「神経伝達物質」です。 なかでも調整役を果たしているのが「セロトニン」。セロトニンは「幸福物質」とも呼ばれるほど、多彩な機能を発揮して私たちの健康を支えています。

幸福物質セロトニンは多彩な機能を発揮します

 

 脳の中には無数の神経細胞がありますが、この神経細胞間で情報伝達が行われることで、脳は適切に体に指示を送ることができるのです。この神経間で情報を受け渡すときに必要なのが、神経伝達物質です。

 神経伝達物質は数多く発見されていますが、一般的に有名な物質は抑制系のGABA、興奮系のドーパミン、そして調整系のセロトニンです。例えばGABAと呼ばれているγ-アミノ酪酸は、アミノ酸のうちグルタミンを使用して合成されます。同じように、ドーパミンもフェニルアラニンというアミノ酸から作られます。そして、脳内の神経伝達物質のうち、多彩な働きを持ち興奮と抑制の調整役をしているのが「幸福物質(幸せホルモン)」とも呼ばれているセロトニンです。

 セロトニンは、体のリズムを整えたり、ホルモンと同じような働きをしたり、睡眠の状態にも関係しています。また、体温の調整や痛みの認知、食欲の制御や消化・吸収に至るまで、多くの体の機能に関わっているのです。そして、このように多彩な役割を持っているセロトニンは、95%が腸で作られているのです。

腸内のセロトニンも脳と同じく大切な情報伝達物質

 腸で多くのセロトニンが作られると聞くと「腸で作られたセロトニンが脳に運ばれて働く」と感じる方もいらっしゃるでしょう。でも、実際には腸で作られたセロトニンが脳に直接入ることはありません。

 実は、脳に栄養が運ばれるためには、血液脳関門というフィルターを通過しなくてはなりません。血液脳関門を通過できるのは、アミノ酸のような小さな物質なので、トリプトファンから作られたセロトニンはこのフィルターを通過できません。脳の中のセロトニンは、脳内で作られる必要があります。セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られます。そのため、トリプトファンが含まれる食事をきちんととるのが効果的です。

 それでは、腸内で作られるセロトニンは、脳の働きに対して意味がないのでしょうか? 腸のセロトニンは、腸クロム親和性細胞という細胞で作られて分泌されています。実は、この腸内セロトニン濃度の情報が、腸と脳をつないでいる神経系に伝わって、脳の働きに影響を与えています。そして、この関係性に腸内細菌が関わっているのです。

腸内細菌は脳内のセロトニン合成を調整しています 

 腸内細菌とセロトニンに着目した研究が、2013年にアメリカの研究者によって発表されました。

 この研究では、お腹に菌が住んでいないマウスでは脳内のセロトニン濃度がそれほど高くないのに対し、大人になる前に外から腸内細菌を移植されたマウスでは、大人になった後の脳内におけるセロトニン濃度が増加していることが示されました。そしてこの脳内セロトニン量の変化は、腸内細菌が存在している限りは、成長した後も影響が続いていました。このように、腸内細菌が腸の中に存在しているかいないかによって、脳のセロトニンの量が変化することが証明されています。

 腸内細菌の存在がセロトニン合成にどのような理由や方法で影響を与えているのかについて、まだ研究が始められたばかりなので詳細は明らかになってはいません。

 ただし、人間でも子供の時期からきちんと腸内細菌のケアをして、多様性を獲得することが大切だと思われます。また、脳内でトリプトファンからセロトニンが合成されるためには、合成を助けるビタミンB6が必要です。このビタミンB6は、腸内細菌の酵素の働きによって作られています。腸と脳をつなぐ神経系を刺激し、適切に脳内でセロトニンが作られるためにも、腸内細菌の働きは欠かせないのです。

セロトニンを含む食材を上手に活かして腸から健康を目指しましょう

 セロトニンをきちんと腸内や脳内で合成させるためには、材料となるトリプトファンを含む食材を取り入れることも大切です。左に挙げた食材を有効に活用して、上手に幸福物質の材料を摂取しましょう。

 ただし、強いストレスは腸内でセロトニンの過剰分泌を引き起こして下痢になることも。セロトニンの適切な量を維持するためにも、早寝早起きや適度な運動を取り入れてストレスを溜めない体づくりも大切です。そして、発酵食品や善玉菌に優しい食材を取り入れて、腸内細菌バランスを維持しながら腸から健康を目指しましょう。

●トリプトファンが摂れる食材
卵、牛乳、肉、大豆、ジャガイモ、シリアル、ブロッコリー、カリフラワー、キウイフルーツ、プルーン、ナッツ、海藻、トマト


この記事のタグ: