代表 高畑宗明(挨拶、経歴、実績)

代表 高畑宗明(挨拶、経歴、実績)

高畑宗明 博士(農学)

写真: 高畑宗明

ご存知のように、発酵食品は古来、私たち日本人の食卓を彩り、健康や美容を支える大切な食品です。
私は、博士研究員として『OM-X』の機能性を追求しております。そして、同時に海外に赴き、『OM-X』が民族や性別、食文化を超えて愛されていることを肌で感じてまいりました。そして、この30年の長い歴史と感動を多くの皆様と分かち合うために、日本の通信販売会社「オーエム・エックス」を2010年に創業いたしました。
徹底した研究と品質管理のもと、真心をもって皆様の健康を応援いたします。

【経歴】

岡山県岡山市出身。
岡山大学大学院にて博士号(農学)を取得。現在、腸内細菌や乳酸菌についての研究を続けている。一般の方々や小学生への講演・食育セミナーを通じて、啓蒙活動を行っている。
2009年3月 岡山大学大学院(博士後期課程)卒業 博士(農学)取得
2013年〜14年 麻布大学共同研究員

【業績】

・論文発表

M. Takahata et al, OM-X®, a Fermented Vegetables Extract, Facilitates Muscle Endurance Capacity in Swimming Exercise Mice. Nat Prod Commun. 12, 111-114 (2017)

M. Takahata et al, Fermented vegetable and fruit extract (OM-X®) stimulates murine gastrointestinal tract cells and RAW264.7 cells in vitro and regulates liver gene expression in vivo. Integrative Medicine. 4, 1-5 (2017)

M. Takahata et al, OM-X®, Fermented Vegetables Extract Suppresses Antigen-Stimulated Degranulation in Rat Basophilic Leukemia RBL-2H3 Cells and Passive Cutaneous Anaphylaxis Reaction in Mice. Nat Prod Common. 10, 1597-1601 (2015)

M. Takahata et al, Evaluation of therapeutic properties of fermented vegetables extract (OM-X) in the model of colitis induced by Citrobacter rodentium in mice. J Funct Foods, 117-127 (2014)

M. Takahata et al, Genomic adaptation of the Lactobacillus casei group,PLoS ONE, i8(10): e75073 (2013)

M. Takahata et al, Complete sequence analysis of two cryptic plasmids from Bifidobacterium kashiwanohense JCM 15439 (type strain) isolated from healthy infant feces, Anim Sci J, doi: 10.1111/asj.12095 (2013)

M. Takahata et al, Immunomodulatory effects of heat-killed Enterococcus faecalis TH10 on murine macrophage cells, Microbiologyopen, 1: 373-380 (2012)

M, Takahata et al, Selenite assimilation into formate dehydrogenase H depends on thioredoxin reductase in Escherichia coli, 143: 467-473 (2008)

M. Takahata et al, 大腸菌の亜セレン酸同化は,チオレドキシン還元系に依存する, Trace Nutrients Research, 24: 42-48 (2007)

M. Takahata et al, ヒト肺がん細胞のセレノリン酸合成酵素 Sps1,Sps2 の機能解析, Trace Nutrients Research, 22: 147-152 (2005)

M. Takahata et al, Selenophosphate synthetase genes from lung adenocarcinoma cells: Sps1 for recycling L-selenocysteine and Sps2 for selenite assimilation, Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 101: 162-167 (2004)

【書籍執筆】

「腸内酵素力で、ボケもがんも寄りつかない」 講談社+α新書
「自分史上最高の腸になる! 腸で酵素をつくる習慣」 朝日新聞出版