第43回 『オリゴ糖も大切な糖質!その1』 | すずみんの健康応援宣言!

こんにちは!
オーエム・エックスの管理栄養士のすずみんです!

梅雨真っただ中ということもあり、曇りや雨の日が多いですが、
皆さん、いかがお過ごしですか?

ここ岡山はすこし前から“ホタル”の季節です。
先日“ホタル狩り”に行ってきました!
岡山2年目の私は、はじめてのホタル!
ポワ~ン、ポワ~ンと点滅しながら
いろいろなところで優しく光り、とっても風情があって感動しました!

=========================
 第43話 『オリゴ糖も大切な糖質!その1』 
=========================

 お腹を元気にするエサを取りましょう!
 今日は【オリゴ糖】についてお勉強です!

三大栄養素のひとつ「糖質」。
私たちが体を動かしたり、体温を維持したり、
呼吸をしたりなど、何をするにも必要なエネルギー源となる
必要不可欠な栄養素です。

「糖質」にはいろいろな種類がありますが、
その中でも私たちのお腹に住む
腸内細菌のエサとなるもの ⇒ 【オリゴ糖】。

今日は【オリゴ糖】についてお勉強しましょう!

==========================

 赤ちゃんの頃から【オリゴ糖】が大活躍!

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で
無菌状態で守られています。

しかし生まれた直後から、さまざまな菌を取り入れ
わずか1週間位でお腹の中にはビフィズス菌という
善玉菌で覆われます。
 ↓
免疫力の低い赤ちゃんは、
お腹の善玉菌をいっぱいにすることで体を守っているのです。

そんな赤ちゃんのお腹を元気にするためには
母乳に含まれる【オリゴ糖】が大切!

昔、粉ミルクで育った赤ちゃんが
下痢を起こしてしまったり、病気になりやすかったり
ということが問題になっていました。

そんな赤ちゃんのお腹には、悪玉菌が
多く存在していたため、それが原因ではないかと考えらました。
それで、母乳に含まれる【オリゴ糖】が注目され、
その大切さが分かったのです!

【オリゴ糖】は赤ちゃんの頃から活躍し、
私たちの体には必要なものということです!

 そもそも【オリゴ糖】って何?

【オリゴ糖】は「糖質」です。
「糖質」は化学的な構造の違いから、
単糖類、二糖類、少糖類、多糖類に分けられます。

●単糖類 ⇒ 1個の糖
●二糖類 ⇒ 2個の糖
●少糖類 ⇒ 3個~10個の糖がくっついたもの
●多糖類 ⇒ たくさんの糖がくっついたもの

単糖類には、ブドウ糖や果糖などがあり、
二糖類には、砂糖であるショ糖、麦芽糖、乳糖があり、
多糖類にはデンプンなどがあります。

そして【オリゴ糖】はと言うと・・・
 ↓
少糖類になります。
“オリゴ”はギリシャ語の「少し」という意味。

【オリゴ糖】は、消化酵素によって
分解されにくい性質を持ちます。
約90%くらいの【オリゴ糖】は、大腸まで届きます。
“難消化性”なんて言われるものもありますね。

そして腸までたどり着いた【オリゴ糖】は、
腸に住む善玉菌のエサとなって活躍します!

 【オリゴ糖】を摂ると、どんないいことがあるの?

【オリゴ糖】は、腸に住む善玉菌のエサとなるもの。
ですから、お腹の善玉菌が元気になります。
そうすると・・・
 ↓
●便秘の予防になる
●免疫力が高まる
●大腸ガンの予防になる
●アレルギー予防になる
などなど・・・
さまざまな効果が期待できる優れものなんです!

また、「糖質」は1グラム4キロカロリーの
エネルギーを持ちますが、
【オリゴ糖】は、カロリーが低いものが多いのも特徴!

実際には、砂糖などのような他の「糖質」と同じ
4キロカロリーはあるはずですが、
・消化されにくい
  ↓
・吸収されにくい
  ↓
・エネルギーになりにくい
といったことから、種類によっては2~3キロカロリーくらいです。

“血糖値を上げにくい”というものでもありますので、
低カロリー飲料にも使われていますね。

 【オリゴ糖】にはいろいろな種類があります!

【オリゴ糖】を含む食材は、
ごぼうや玉ねぎ、大豆やアスパラガス、にんにくなどのお野菜や、
大豆や大豆発酵食品(お醤油やお味噌)、乳製品、
バナナなどの果物があります。

簡単に【オリゴ糖】の種類を見ていきましょう!

●フラクトオリゴ糖
 ⇒ ヤーコンなどに含まれています。 
●大豆オリゴ糖
 ⇒ 大豆に含まれています。
●キシロオリゴ糖
 ⇒ 笹の葉に含まれています。
●ガラクトオリゴ糖
 ⇒ 母乳に含まれています。
●ラクトスクロース
 ⇒ 砂糖を加えてヨーグルトを作るときにできるものです。
●イソマルトオリゴ糖
 ⇒ お味噌やお醤油などに含まれています。
●ラフィノース
 ⇒ 甜菜(テンサイ)に含まれています。

いろいろありますね!

【オリゴ糖】は、上記のように天然の食材に含むものと
じつは酵素の働きで、人工的に作られるものがあります。

例えば、ショ糖(砂糖)を酵素の力で
フラクトオリゴ糖を作っていたり、
牛乳に含まれる乳糖からガラクトオリゴ糖を作ったりします。
市販のものは、こういった人工的に作られるものが多くあります。

どんな【オリゴ糖】がいいのでしょうか?
  ↓
  ↓
と、長くなってしまいましたので次回にお話しますね!
来月までお楽しみに~!

あなたの健康への道のり、応援しています!
フレー!フレー!!!

======================■□■

【編集後記】

先月から、お客様にインタビューを行ってます!
とっても素敵なお客様ばかりで、
直接お話ができてうれしかったです!
ご協力いただきました皆さま、大変ありがとうございました!

いま、インタビューにご協力いただける方を募集しています!
いろいろなお話が、私たちの宝となります。
ささかやかプレゼントもご用意していますので、是非ご連絡ください!
お待ちしています!