酵素サプリメントのOM-X 第47回 『血糖の上がり方でどんな影...



定期お届けコースはこちらから
定期お届けコースはこちらから












当サイトについて

お問い合わせ

特定商取引法に関する法律

景品表示法に関するポリシー

◎定休日:土・日・祝祭日
ネットでのご注文は24時間受け付けております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。

月曜~金曜  9:00~18:00

こんにちは!
オーエム・エックスの管理栄養士のすずみんです!

早いもので、8月も後半!
まだまだ暑い日が続いていて、涼しい季節が待ち遠しいですね!
しかし、着実に秋は近づいていますよ!
夏の疲れを秋にまで引きずらないように、
体調管理をしっかりしていきましょう!

===============================

 第47話 『血糖の上がり方でどんな影響を受けるの?』 
===============================

 食事をすれば、血糖値は上がります!
 でも、その上がり方によって大きく変わるの!?

血糖値とは → 血液中の糖質の量のこと。

糖質は、脳や神経なども含めて
体のさまざまな細胞のエネルギー源となる栄養素。
ご飯やパン、いも類などに多く含まれる糖質は、
生きていく上で大切な食材なのです。

こういった糖質を食べると、血糖値は上がります。
注目は、その血糖値の上がり方!
 ↓
なぜなら血糖値の上がり方によって
身体面や精神面に大きく影響されるからです。

今日も、血糖値についてお勉強しましょう!

==========================


 血糖値を気にする必要があるのはなぜ?


血糖値は、体や脳のエネルギー源となる糖質が
血液中にどのくらい溶けているかを見ているもの。

この糖質の濃度が、
身体面や精神面においても大きな影響を与えてしまうのです。

例えば、血糖値のコントロール異常によって起こる得る症状の代表として・・・
  ↓
■糖尿病
■高血圧
■肥満
■メタボリックシンドローム ・・・などなど

こういった症状は、想像の範囲なのではないでしょうか?

しかし、こういった“体の症状”はいかがですか?
■異常疲労
■食後の眠気、生あくび
■動悸、呼吸が浅い
■朝が辛い
■めまい、ふらつき
■目のかすみ、目の奥の痛み、眼球の痛み
■物忘れ
■便秘
■頭痛、片頭痛
■月経前緊張症(月経前症候群) などなど

あるいは、こういった“心の症状”はいかがでしょうか?
■うつ
■攻撃的行動
■自律神経失調症
■不眠、悪夢
■キレる、感情のコントロールがきかない
■判断力の低下 などなど

こういった体や心の状態は、
血糖値のコントロールが上手くいっていない時にも起こるのです。


 血糖値のコントロールって?


糖質を含む食事をすれば、血糖値は上がります。
そして上がった血糖値を下げようと、
膵臓からインスリンが分泌されて、血糖値のコントロールをします。

しかし、血糖値を上げやすい糖質をたっぷり含む食事をすると、
血糖値は急激にグッと上がります。
 ↓
そして急激に上がってしまった血糖値を
早く下げようと、大量のインスリンが放出されます。
そうすると今度は、血糖値が急激に下がって
低血糖状態になってしまうのです。

食後高血糖からの低血糖状態・・・
  ↓
この起伏の大きさに、体がうまくコントロールできず、
神経やホルモンにも影響を与え、
上記のような体と心のさまざまな症状を招いてしまうのです。


 食後高血糖からの低血糖は、まさに現代病!?


実は、食生活の欧米化によって、
この食後高血糖からの低血糖状態は
「現代病」として問題視されています。
しかも年代に関係なく、むしろ子供たちの間でも
襲いかかっている問題なのです。

キレやすい、落ち着きのない子供たち・・・
かなり辛い月経前症候群や不眠に悩む女性たち・・・
判断力が低下し、仕事にやる気がでない男性たち・・・

この問題の原因のひとつは、
血糖値を急激に上げやすい現代食を口にしているから
とも言えます。


 血糖値に大きく左右されるのは、どこなの!?


私たちは、食べたものを無条件で体に受け入れています。

たとえ、「デザートバイキングでケーキを10個食べました!」
と、1日に必要な糖質の量よりも多く食べてしまっても、
吐き出してしまうことなく、そのまま受け入れていますよね。

私たちの体は、必要な量よりも多く摂ってしまったとしても、
できるだけ対処してくれようとしているのです。

しかし、体が応えられる機能を超えてしまった量を
摂った場合には、体が思わぬ被害を受けて、
いろいろなところにダメージを負ってしまうのです。

特に血糖値の状態に大きく影響されるのが ⇒ 脳!

ブドウ糖は、筋肉でもエネルギーとして使われますが、
一番消費するのは脳なのです!
とても精密なため、動かすのに膨大なエネルギーが必要!
体の血糖の20~30%も使って動いているほどです!
これはダントツ!

甘いものなど、糖質をたっぷり食べて
食後高血糖になった後に低血糖状態になって
血液中の糖が少なくなってしまうと・・・
  ↓
脳は、まさに“飢餓状態”に陥ってしまいます!
これは脳にとって、大きなダメージ!
それを回避しようと、私たちの体は必死でどうにかしようとするのです。
  ↓
  ↓
  ↓
と、長くなってきましたので・・・

この低血糖状態によって脳が受けるダメージを
どうにか回避していく体の状態について。。。
そして、低血糖状態にならないような食事対策について。。。

しっかり分かってほしい大切なところですので、
次回からも、引き続きお話していきますね!
お楽しみに!


あなたの健康への道のり、応援しています!
フレー!フレー!!!

======================■□■

【編集後記】

すずみんは、お盆休みに帰省しました!
家族がそろうと、いつも宴会になり、今回も宴会三昧でした!
私はお酒は飲まないので、もっぱら料理に専念します。
家族のリクエストに応えるのが私の務め。
帰省すると、のんびりするどころか、
結構忙しくなってしまうんです。笑
楽しいお休みでした!

皆さまはどんなお盆シーズンを過ごされましたか?


健康や酵素についてのメールマガジンご案内
オーエム・エックスでは、お客様に最新の予防医学情報や健康情報をお届けするために、毎週メルマガを発行しています。代表である農学博士の高畑は、専門知識を活かして乳酸菌や腸内細菌、さらには酵素についての情報などを研究データを交えながら発信しています。また管理栄養士の宗は、「すずみん」としてみなさんの日常生活になじみ深い栄養情報や運動情報を親しみやすくお届けしています。ぜひ、弊社ホームページの会員登録後に「メルマガを購読する」にチェックしてください。

生酵素サプリのオーエム・エックス メールマガジンお申込み(会員登録)