酵素サプリメントのOM-X 第58回 『たんぱく質の意味って何!...



定期お届けコースはこちらから
定期お届けコースはこちらから












当サイトについて

お問い合わせ

特定商取引法に関する法律

景品表示法に関するポリシー

◎定休日:土・日・祝祭日
ネットでのご注文は24時間受け付けております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。

月曜~金曜  9:00~18:00

こんにちは!
オーエム・エックスの管理栄養士のすずみんです!

来週はバレンタインデー!
かわいらしいチョコレートがたくさん売られていますね!

チョコレートの主成分はカカオですが、
このカカオには栄養素が豊富に含まれています。
特に注目のカカオポリフェノールは、
抗酸化作用があり、動脈硬化やがん、
アレルギーの予防に効果があると言われています。

ただし、砂糖もたっぷり含まれるチョコレート。
できるだけカカオの多いビターチョコを選びましょう!
それが、相手への健康への気遣いかもしれません。

なんて、せっかくのスイートな雰囲気が
なくなってしまいますかね!?

========================
 第58話 『たんぱく質の意味って何!?』 
========================

 たんぱく質の摂取量が少ない人が多い!?
 どれだけ大切な栄養素か、ぜひ知ってください!

すずみんが開発した腸診断。
これまでに900名以上もの方にご利用いただきました。
そして、お客様のお食事の傾向が確認できて、
前回のメルマガでもお話ししてきました。

その中で気になった事のひとつが、
「たんぱく質の摂取量が少ない方が意外に多い」ということ。

たんぱく質を多く含む食材と言うとすぐに思いつくのが、
「肉、魚、卵、豆腐・納豆」ではないでしょうか。

そのうち、特に肉や魚や卵といった動物性のものは
身体に悪いというイメージがあるからなのでしょうか、
お客様の中に「ほとんど食べない」とおっしゃる方も結構多いのです。

お肉の種類によってや卵には、脂質も多く含まれ、
“カロリーが高い”、“ダイエットの敵”、“コレステロール値を上げる”
といった【マイナスの意識】が働いているからかもしれません。

しかし、たんぱく質は、絶対に必要なもの!
ですから、どれだけ大切かを知ってほしいのです!

ということで、これから特集を組んで、
“たんぱく質”について、お話ししていきたいと思います!
一緒にみていきましょう!

==========================


 たんぱく質の意味って!?


これからたんぱく質の話をしていくと思うと
なんだか緊張感に包まれ、気持ちが引き締まる思いになります。
なぜなら、あまりにも壮大で複雑で重みがあるからです。

「私たちの身体はたんぱく質でできている」
と言える程、主原料となる大切な栄養素。
しかし、上でお話しした通り、
さまざまな雑誌やテレビなどで、その大切さを伝えきれていなかったり
ダイエットの敵などの【マイナスの意識】が働く場合があったりという
背景からか、十分に召し上がれていない方が多いことに気付かされました。

たんぱく質は、プロテインと言いますが、
これはギリシャ語で「第一のもの」という意味があります。
これが、たんぱく質の意味なのです。

「第一のもの」

私たちは、このたんぱく質を理解できなければ
健康な身体づくりだけでなく、美容や心・精神面における部分での
健康づくりも、しっかりと出来ないことを意味してしまうのです。


 たんぱく質って何?


私たちの身体の60%くらいは、水分から出来ています。
その水分を除いた約半分はたんぱく質で成り立っています。

筋肉だけでなく、心臓や肝臓などの臓器といった
身体のもろもろを構成し、また、酵素やホルモン、
免疫抗体や生理活性物質も形成しています。
そして、私たちのDNAや核酸などの遺伝情報物質も
たんぱく質で作られているのです。

どれも大切なものですよね!?
たんぱく質あっての私たちなのです!


 どのくらいで身体は入れ替わっているの?


私たちの身体の約15%はたんぱく質で出来ています。
そうすると、体重60kgの人は約10kgがたんぱく質になります。

そして毎日毎日、私たちの身体では
たんぱく質の合成と分解が行われていて、
身体を維持するためには、
分解したものと同じ量を、新しく合成することが必要になります。

一般的には、体重60kgの人の場合、
1日に大体210g位の老化したたんぱく質を分解していて、
それを再利用して約140gのたんぱく質が合成されています。
と同時に、不足分の約70gのたんぱく質は
食事から補いながら、新しく入れ替わっているのです。
 ↓
つまり、約210gのたんぱく質が毎日入れ替わっているということ。
これは体全体のたんぱく質(約10kg)の2%に当たります。
そして1か月で60%、2カ月弱では、ほぼ全てのたんぱく質が
入れ変わることを指しています。

たんぱく質は、別の栄養素から作り出すことができない
栄養素ですので、食事からしっかりと補う必要があるのです!


 どのくらい摂ればいいの?


たんぱく質の必要量として厚生労働省が示している推奨量は、
成人男性60g、成人女性50gです。

厳密には、年齢や性別、体重や活動量などからも
見ていく必要があります。
新生児は、体重当たりで見ると成人の5倍、
幼児は、体重当たりの必要量は成人の2倍と
子供はしっかりと補う必要があります。

また、腎臓などに障害がある場合は、
制限が必要になる場合がありますので、確認が必要です。

とは言え、実はたんぱく質の量に加えて、
たんぱく質の“質”にもこだわる必要があるのです!

肉、魚、卵、豆腐・納豆など、
たんぱく質を多く含む食品でも、
含まれているたんぱく質の“質”は違うんです!
  ↓
と、詳しくは、次回にお伝えしますね!

大切な栄養素“たんぱく質”
しっかり理解していきましょう!!!
お楽しみに!


あなたの健康への道のり、応援しています!
フレー!フレー!!!

======================■□■

【編集後記】

肉、魚、卵、豆腐・納豆・・・
私はどれを一番よく食べているかなぁと見直して見ると、
  ↓
「納豆」です!
飽きずに毎日食べています。それこそ子供のころから!
アメリカ留学していた時も、納豆が無償に食べなくなり、
車で2時間かけて行った一番近くのインターナショナルショップで
日本の約3倍の値段を払って、“冷凍”の納豆を買ったものです。
日本食の有難さと美味しさに、しみじみ感謝していました。


健康や酵素についてのメールマガジンご案内
オーエム・エックスでは、お客様に最新の予防医学情報や健康情報をお届けするために、毎週メルマガを発行しています。代表である農学博士の高畑は、専門知識を活かして乳酸菌や腸内細菌、さらには酵素についての情報などを研究データを交えながら発信しています。また管理栄養士の宗は、「すずみん」としてみなさんの日常生活になじみ深い栄養情報や運動情報を親しみやすくお届けしています。ぜひ、弊社ホームページの会員登録後に「メルマガを購読する」にチェックしてください。

生酵素サプリのオーエム・エックス メールマガジンお申込み(会員登録)