酵素サプリメントのOM-X 第68回 『脳のエネルギー源は糖!だ...



定期お届けコースはこちらから
定期お届けコースはこちらから












当サイトについて

お問い合わせ

特定商取引法に関する法律

景品表示法に関するポリシー

◎定休日:土・日・祝祭日
ネットでのご注文は24時間受け付けております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。

月曜~金曜  9:00~18:00

こんにちは!
オーエム・エックスの管理栄養士のすずみんです。

ムシムシと暑くなってきていますね。
本格的な夏へ突入です(汗)。
この時期は「熱中症」に気をつけなければいけませんが、
外だけでなく室内にいる時でも起こりますので、
のどが渇いたと思う前から、しっかり水分を補給していきましょう☆
楽しい夏にしてくださいね♪

==============================
 第68話 『脳のエネルギー源は糖!だけじゃない!?』 
==============================

 脳のエネルギー源はブドウ糖(グルコース)
 ブドウ糖が足らないと犠牲になる栄養素があるんです!

これまでずっと特集してきたたんぱく質。
筋肉や血液などを作ったり、体のエネルギー源となったり、
美容のためにも欠かせない大切な栄養素です。

脳のエネルギー源はブドウ糖がメインですから、
たんぱく質と脳との関係は見落されがち。

しかし、“プロテイン=第一のもの”
というギリシャ語の意味からも分かる通り、
たんぱく質は脳にも影響を与える、大切な栄養素なんです♪

今日は、たんぱく質と脳との関係を見ていきましょう☆

==========================


 脳の機能に大切な役割を果たすたんぱく質


たんぱく質は、アミノ酸がたくさん連なったものです。
体のエネルギー源となったり、体を作る素材になったり、
さまざまな機能を円滑に働かせたりなど、
私たちにとって欠かすことのできない大切な栄養素。

それに加えて、脳の機能においても重要な役割を果たしています。
  ↓
それは・・・
■脳を構成している神経細胞(ニューロン)はアミノ酸で出来ています。
■脳を機能させるための約30種類の神経伝達物質(ハッピーホルモンと言われる
 セロトニンやドーパミンなど)もアミノ酸から出来ています。

脳も含め、私たちは巨大なたんぱく質の塊であり、
そしてその塊に神経を通して動いている生き物だと言えます☆


 脳のエネルギー切れは、たんぱく質が影響を受ける!?


脳のエネルギー源は、ブドウ糖(グルコース)という糖質です。
ただし、糖質を制限(飢餓状態を含む)すると、
脂肪を分解して作り出されるケトン体を、
脳のエネルギー源として利用することができます。

その背景があるからか、
「糖質は老化を招く大きな原因なので、糖質は摂らない方がいい」
といった事が最近メディアで取り上げられているのを見ましたが、
これはとても危険です!
  
確かに、脳はケトン体をエネルギー源として利用できますが、
それは全てではなく、脳全体の20%程度にしか過ぎません。
残りの約80%はブドウ糖から得なければいけないため、
肝臓や筋肉に蓄えられているグリコーゲン(ブドウ糖の塊)を分解したり、
血液中のアミノ酸から糖を合成(糖新生:とうしんせい)したりして
血糖を維持して、脳にエネルギー源を供給する必要があるのです。

ということは、ブドウ糖が足らなくなると、
その代わりにアミノ酸が利用されるようになるのです。
血中のアミノ酸が少なくなれば、さらに筋肉を分解してアミノ酸濃度を
維持しようとするので、筋肉がどんどんと痩せてきてしまいます。

脂肪からブドウ糖を合成することはできません。
ですから、脳のエネルギーを確保するためには、
糖質が不足すると、アミノ酸(たんぱく質)が大きく影響されるのです。


 集中力をアップさせるにも、たんぱく質は欠かせない


集中力を保てるスタミナは、スポーツなど体を動かすためだけでなく
勉強や仕事などの長時間の脳の働きにも必要です。
体も脳も、どちらか一方でも疲れていては
集中力を保つことなどできず、低下する一方です。

そのためにも、やはりたんぱく質です☆

たんぱく質は、筋肉を修復するのに欠かせず、
早期の疲労回復に役立つ栄養素です。
そして、体や脳にも、持続的にエネルギーを供給できる栄養素。

いろいろな場面で結果を残していくためには
目的に集中する力を維持していかなければいけませんから、
そのためにもたんぱく質をしっかり取り入れていきましょう☆


 アスリートだけのプロテイン(たんぱく質)ではない


上記のようなことを理解していくと、

“プロテイン=筋肉モリモリ” ⇒ アスリートのため

といった構造が崩れていきませんか?

たんぱく質は、アスリートだけでなく私たちの体に必要であると同時に、
子どもにとっても大切な栄養素です。

疲れやすくて集中力がもたない子どもと
元気いっぱいで何か一つのことにずっと集中できる子どもとでは
成績だって違ってくることは容易に想像できます。

脳にも影響を与えるたんぱく質を、しっかり見直してください☆


あなたの健康への道のり、応援しています♪
フレー!フレー!!!

======================■□■

【編集後記】

“You are what you eat”(あなたは食べたもので作られる)
と言われるほど、食べたものに影響を受ける私たちは、
それだけ食事や栄養に対して繊細でなくてはいけません。
その中でも、やはりたんぱく質は大切な栄養素です。
たんぱく質を多く含む食材 ⇒ 肉、魚、卵、豆腐
これらの食材をしっかり摂れているか確認してください。
しかも、偏らずに全部を満遍なく召し上がっているかも
チェックしてくださいませ☆


健康や酵素についてのメールマガジンご案内
オーエム・エックスでは、お客様に最新の予防医学情報や健康情報をお届けするために、毎週メルマガを発行しています。代表である農学博士の高畑は、専門知識を活かして乳酸菌や腸内細菌、さらには酵素についての情報などを研究データを交えながら発信しています。また管理栄養士の宗は、「すずみん」としてみなさんの日常生活になじみ深い栄養情報や運動情報を親しみやすくお届けしています。ぜひ、弊社ホームページの会員登録後に「メルマガを購読する」にチェックしてください。

生酵素サプリのオーエム・エックス メールマガジンお申込み(会員登録)