酵素サプリメントのOM-X 第72回 『あなたの腎臓を守るポイン...



定期お届けコースはこちらから
定期お届けコースはこちらから












当サイトについて

お問い合わせ

特定商取引法に関する法律

景品表示法に関するポリシー

◎定休日:土・日・祝祭日
ネットでのご注文は24時間受け付けております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。

月曜~金曜  9:00~18:00

こんにちは!
オーエム・エックスの管理栄養士のすずみんです。

9月に入っても、ここ岡山は残暑厳しい日が続いています。
みなさまの地域はいかがでしょうか?
疲れが取れない、食欲が湧かない・・・
といった夏バテのような状態が続いてはいませんか?

規則正しい生活が、今と今後のお体を守る大切なアプローチです。
決まった時間に食べる、寝る、起きるといった事や、
シャワーでなく、ぬるめのお湯に浸かること(入浴)も対策方法です☆

変わりゆく季節に、しっかり体が対応できるように管理していきましょう♪

===========================
 第72話 『あなたの腎臓を守るポイントとは?』 
===========================

 たんぱく質は欠かせない栄養素
 だから、たんぱく質を処理している“腎臓”の健康を考えましょう☆

これまで、数回に渡ってたんぱく質の大切さをお話してきました。
「私たちの体はたんぱく質でできている」と言っても
過言ではないほど大切な栄養素です。
毎日しっかり取り入れてほしいのですが、
それはたんぱく質を処理している“腎臓”の健康があってのことです。

今日はあなたの腎臓を大切にするために考えてみましょう☆

==========================


 腎臓とは?役割って何?


腎臓は、握りこぶしぐらいの大きさで空豆のような形をしています。
1個120~150gの重さで、背中の腰よりやや上くらいの位置に
左右1つずつついています。

心臓から送りだされた血液の約20~25%(成人で1.2~1.3L/分)は
腎臓に届けられ、塩分や有害物質、老廃物など、
体の中で必要のないものをろ過して、
尿とともに排泄する役割を担っています。

その他にも、
■体の水分量を一定に保つ
■体の電解質(カリウム、ナトリウム、カルシウムなど)の組成を
 一定に保つように調節する
■体液に必要な成分を再吸収する
■血圧を正常に保つホルモンを分泌する
■血液を作り出すための命令を出すホルモンを分泌する
■細胞や酵素の働きを調節するために血液をアルカリ性に保つ
と、さまざまな役割を担っています☆


 たんぱく質を処理できるのは腎臓だけ


三大栄養素の糖質、脂質、たんぱく質のうち
糖質と脂質はエネルギーとして使われた後に
二酸化炭素や水になって呼吸や汗などから排泄されます。

しかし、たんぱく質だけは、私たちの体を作ったり、
エネルギーとして使われたりした後に、
二酸化炭素や水以外に、尿素窒素などの“老廃物”となります。
この老廃物をろ過して排泄するのが腎臓です。
  ↓
ですから、たんぱく質の最後の処理器官は腎臓ということです☆


 腎臓が疲れてくると、どうなるの?


上記のように、腎臓はいろいろな役割を担っています。
腎臓の機能が低下してくると、必要なたんぱく質が吸収されないまま
尿に排泄されてしまいます。これをタンパク尿と呼びますが、
この状態が続くと、血液中のたんぱく質が減少して
栄養障害を引き起こしてしまいます。

また、老廃物の排泄ができずに体内に溜まっていくと
全身がだるくなったり、さまざまな器官の機能の低下も招いてしまいます。

さらに、余分な塩分などの電解質の排泄が不十分になってしまうため
むくみや高血圧症、高カリウム血症などが生じ、慢性貧血も心配されます。

そして腎臓は、ビタミンDの活性化にも必要不可欠です。
ビタミンDは免疫力アップのビタミンとして知られ、
特に骨の形成に大切な働きをしています。
そのため、腎機能の低下によって低カルシウム血症などが見られ
骨が弱くなったり、曲がってしまったりといった症状も招いてしまいます。


 急増している腎臓病。腎臓を健康に保つためには?


日本は、慢性透析患者が30万人を超え、
毎年約7,000人ずつ増え続けています。
そして、透析にかかる医療費は年間1兆円を超え、
全医療費の30分の1を占めています。

その背景にはメタボリックシンドロームや糖尿病といった現代病に
よるものが増え続けているため、予防は急務です!

すでに腎臓の機能が低下している場合は
腎臓の負担を減らしてあげなければいけません。
そのためには、老廃物を作り出すたんぱく質を
制限するようになります。
(ただし、たんぱく質は必須の栄養素ですから、
腎機能が正常ならば、不足なく取り入れなければいけません。)

腎臓病を予防するために、
普段から腎臓に負担をかけない食事を心がけましょう☆
ポイントは以下の通りです♪
 ↓ ↓
■たんぱく質を過不足なく摂りましょう☆
 たんぱく質は欠かせない栄養素です。
 過剰も不足もいけません。適量を摂りましょう♪
 (※たんぱく質の量については、
 「たんぱく質はどのくらい必要なの?第64話」をご覧ください。)

■エネルギー不足にご注意ください☆
 体を機能させるために必要なエネルギーが不足すると
 体のたんぱく質が分解されるため、
 それによって腎臓に負担をかける事になります。
 また、カリウムが血中に流失して高カリウム血症になることがあります。

■塩分の摂り過ぎに注意しましょう☆
 塩分の摂り過ぎは腎臓に負担をかけます。
 漬け物や塩蔵品、ハムなどの加工食品は注意してください。

■ストレスや疲労を避けて、免疫力を高めましょう☆
 風邪などのウイルスから腎臓病になることがよくあります。
 ストレスや疲労を避け、腸内環境を整えて免疫力を高めましょう。

糖尿病、メタボリックシンドロームなどの
現代病に気を付けていく食生活が
腎臓病予防にも繋がっていきます。

適量、適塩で、バランスの良い食事を心がけてくださいね☆


あなたの健康への道のり、応援しています♪
フレー!フレー!!!

======================■□■

【編集後記】

私が病院で栄養相談をしていた中で、
難しい食事指導のひとつが腎臓病でした。
腎臓病食を患者さまにお伝えするのも難しいですが、
それを実践している患者さまは
比べものにならないほどの苦労があるだろうと感じていました。

普段から腎臓に負担をかけない食事を心がけて
多くの方に腎臓病予防を図っていただきたいと切に願います☆

======================■□■


健康や酵素についてのメールマガジンご案内
オーエム・エックスでは、お客様に最新の予防医学情報や健康情報をお届けするために、毎週メルマガを発行しています。代表である農学博士の高畑は、専門知識を活かして乳酸菌や腸内細菌、さらには酵素についての情報などを研究データを交えながら発信しています。また管理栄養士の宗は、「すずみん」としてみなさんの日常生活になじみ深い栄養情報や運動情報を親しみやすくお届けしています。ぜひ、弊社ホームページの会員登録後に「メルマガを購読する」にチェックしてください。

生酵素サプリのオーエム・エックス メールマガジンお申込み(会員登録)