酵素サプリメントのOM-X 第76回 『知ってる?日本に潜む恐ろ...



定期お届けコースはこちらから
定期お届けコースはこちらから












当サイトについて

お問い合わせ

特定商取引法に関する法律

景品表示法に関するポリシー

◎定休日:土・日・祝祭日
ネットでのご注文は24時間受け付けております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。

月曜~金曜  9:00~18:00

こんにちは!
オーエム・エックスの管理栄養士のすずみんです。

11月に入り、あっと言う間に半ばを迎えています。
今年も残りあと1カ月ちょっと・・・
なんてことを実感する時期になりました。
時の経つのは本当に早いですね。
みなさまは、今年やりたかったことは順調に進んでいますか!?
私は・・・えっと・・・
ギリギリまでがんばりますっ!

寒くなっていますので、体調を崩さないようにしてくださいませ☆

============================
 第76話 『知ってる?日本に潜む恐ろしい食事情』 
============================

 飽食の時代
 その裏に潜んでいる日本の食の問題とは?

今、私たちは日本に居ながらにして
世界各国の食材や料理を口にすることができます。
その結果、味覚が広がって食べる楽しさがますます増えていますよね☆

その反面、「日本食離れ」が進み、
食の欧米化によってさまざまな健康問題に直面しています。
さらに、食料自給率の低さや、残留農薬、遺伝子組み換え食品、
食品添加物など、食に関する問題点も、耳にした事もあるのではないでしょうか。

食の安全が注目されている今だからこそ、
改めて今の日本の食事情を見直してみましょう。
ご自身やみなさまの周りにいらっしゃる大切な方たち、
そして未来の日本の健康と安全を守りましょう☆

今回は、日本の食事情の特集、第一弾です。
一緒に見ていきましょう!

==========================


 食料自給率は先進国で最低水準!


「食料自給率」とは、
その国で消費される食料のうち、国産品が占める割合のことを言います。
計算方法には、重量ベースやカロリー(供給熱量)ベース、
生産額ベースがありますが、一般的に「我が国の食料自給率」と言って
先進国間で比較をする時には、カロリーベースが用いられています。

その中で、日本の食料自給率は、39%!(平成23年度)
オーストラリア237%、カナダ145%、アメリカ128%、フランス122%、
ドイツ84%、イギリス70%、イタリア62%、スイス49%、韓国46%となっていて、
日本は先進国の中で最低水準なのです・・・。


 最低水準の食料自給率に隠された問題とは!?


食べものが運ばれた量に、輸送距離を掛け合わせた指標を
「フードマイレージ(Food Mileage)」と呼びます。
食べものの輸送距離が長ければ長い程、
フードマイレージは高くなり、
そして二酸化炭素(CO2)の排出量は増えてしまいます。
この状態は、“地球にやさしい”活動の二酸化炭素削減のためのエコ(Eco)とは
まったく逆の動きになってしまうということです。

日本のフードマイレージは、
食料の輸入量が多くて輸送距離も長いため、もちろん高く、
2001年では、人口1人あたり、7,093tkm(単位:トンキロメートル/人)でした。
それに対し、アメリカは1,051tkm、イギリスは3,195tkm、フランスは1,738tkm、
ドイツは2,090tkm、韓国は6,637tkmで、大きな開きがあり、
これを見ても、日本はかなり高いことが分かります。

別の視点から問題点を見てみると・・・

農畜産物の生産に必要な水の量を「バーチャルウォーター」と言います。
「仮想水」とも言われますが、日本は海外から食料を輸入することによって
その生産に必要な分だけ、自国の水を使わないで済んでいることになります。
言い換えれば、食料という形を変えて、
海外からたくさんの水を輸入しているということになるのです。

大変な現状です・・・。


 世界で起こっている食事情の問題点とは!?


世界的に、食料を取り巻く問題が増えてきています。
それは・・・
■人口の急増によって食料需要が増加している
■バイオ燃料に、穀物の需要が増加している
■気候の変動による農業生産量が不安定になっている
■砂漠化の進行などによって、農地が縮小されている
■家畜伝染病の発症などによって、食料供給が不安定になっている など

こういった状況が深刻化してくると、
当然のことながら、どの国も自国の食料を確保することが最優先になりますから、
食料の奪い合いが激しくなってしまうでしょう。
そして、食料の価格が上昇するだけでなく、
輸入規制などによって、農作物を安定的に輸入する事も難しくなってしまいます。


 世界的な食料危機が起こったら・・・!?


上記のような世界的な食料危機が起き、
日本で食料の輸入が停止した時にはどうなるのでしょうか?

日本国内の農業では、1人1日当たりに供給できるカロリーが
2,020キロカロリーになると言われています。
これは昭和20年代後半の水準です。

また、日本では大量に食料を輸入しているにもかかわらず、
年間に消費する食料9,100万トンのうち、約2割が廃棄されているのが現状です。

たとえこの廃棄量をゼロにしても、摂取カロリーは足りなくなってしまいます。
そして、米や芋ばかりになり、
栄養バランスの偏った食卓になってしまいます。

恐ろしい話ですが、これは私たちの生活に直結した深刻な問題です。
しっかりと現状を把握し、今ある環境に感謝しながら
私たちにできる対策を、次回、考えていきましょう。


あなたの健康への道のり、応援しています♪
フレー!フレー!!!

※データ参考
農林水産省、環境省ホームページより

======================■□■

【編集後記】

食いしん坊の私は、食となると「欲って限りがないのかな」と思ってしまうほど
もっと美味しいものを、もっと新しい味をと、求めてしまう時があります。

でも最終的には、ご飯とお味噌汁でホッとしている自分がいることを知ると、
今ある環境は十二分なんだと再認識します。
これからも、今ある環境に“感謝”していきたいと思います☆

======================■□■


健康や酵素についてのメールマガジンご案内
オーエム・エックスでは、お客様に最新の予防医学情報や健康情報をお届けするために、毎週メルマガを発行しています。代表である農学博士の高畑は、専門知識を活かして乳酸菌や腸内細菌、さらには酵素についての情報などを研究データを交えながら発信しています。また管理栄養士の宗は、「すずみん」としてみなさんの日常生活になじみ深い栄養情報や運動情報を親しみやすくお届けしています。ぜひ、弊社ホームページの会員登録後に「メルマガを購読する」にチェックしてください。

生酵素サプリのオーエム・エックス メールマガジンお申込み(会員登録)