酵素サプリメントのOM-X 第87回 『カルシウムの吸収率を上げ...



定期お届けコースはこちらから
定期お届けコースはこちらから












当サイトについて

お問い合わせ

特定商取引法に関する法律

景品表示法に関するポリシー

◎定休日:土・日・祝祭日
ネットでのご注文は24時間受け付けております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。

月曜~金曜  9:00~18:00

こんにちは☆
オーエム・エックスの管理栄養士のすずみんです。

先日、知り合いから「つくし」をいただきました。
ここ数年の間、私は何回つくしを見たでしょうか・・・。
片手で数えられる程度だと思いますが、
それを「食す」となると、もう何十年ぶりのことになります。

油揚げと一緒に煮びたしにして食べましたが
この懐かしいほろ苦い味わいに、“ザ・春”を感じて幸せになりました☆

フキノトウ、タラの芽、菜の花、にんじん葉、たけのこ・・・。
すずみんは、今年も春野菜をしっかり取り入れています。

みなさまはいかがでしょうか。
旬のお野菜を大切にしてくださいませ♪

==============================
 第87回 『カルシウムの吸収率を上げる方法とは!?』 
==============================

 体のメンテナンスに必要な16種類の必須ミネラル☆
 カルシウムは、骨を作っているだけではない!?

さまざまな働きをしているミネラル。
体の中で作り出すことができずに、
食事から補わなければいけないミネラルを
「必須ミネラル」と呼び、全部で16種類あります。

ミネラルの不足や過剰は、さまざまな不調を招くため、
美と健康づくりのために、日頃から気をつけなくてはいけません。

今回
は「カルシウム」です☆
早速、見ていきましょう。

==========================


 日本人に不足しがちな栄養素



パッケージに「カルシウム入り」「カルシウム強化」などと
表示された食品が、今ではよく見られます。
1日に必要なカルシウムの量は、
成人男性で600~650mg、成人女性は600mgです。
しかし、平成22年の国民栄養調査の結果では、
20歳以上の平均で500mg程度となっており、
日本人が不足しがちな栄養素のひとつです。

その理由には、日本の土壌が火山灰で造られているから
とも言われています。火山灰が積もった土壌で作る
野菜には、カルシウムが少ない特徴があるためです。

実は、カルシウムは体の中に最も多くあるミネラルです。
その量は、体重の約1~2%を占めていて、
そのうち約99%は骨や歯などの硬い組織にあります。

骨の中では、「骨形成」という新しい骨をつくる動きと、
「骨吸収」という古くなった骨を壊す動きが
繰り返し行われていますが、この活発な骨の代謝に、
最も大きく関与しているのが ⇒ カルシウムです☆


 残り1%のカルシウムの役割って!?


体の中のカルシウムの約99%は骨や歯などにあります。
残りの1%はどこにあるかと言うと、
 ↓  ↓
血液や筋肉、そして全ての細胞に分布しています。

その働きはさまざまです。
■血液の凝固
■筋肉の収縮
■心臓機能のサポート
■神経の興奮の抑制
■ホルモンの分泌
■細胞内外のカルシウム濃度の差を利用した
 情報伝達によって、細胞の機能を調節
■ナトリウムを排泄して血圧上昇を防ぐ など
心身の健康維持に欠かせないミネラルなのです☆


 カルシウムの不足や過剰はどうなるの!?


カルシウムが不足すると、骨量が減り、
骨折や骨粗しょう症を起こす可能性が高まります。
特に子どもの場合は骨や歯の形成不全が起こりますし、
閉経後の女性においては、ホルモンの影響で
骨量が一層減少しやすくなります。

この他にも、足がつってしまったり、イライラするといった
神経過敏な状態になったり、肩こりや腰痛を引き起こしたりします。

カルシウムの摂り過ぎに関しては、
通常なら摂り過ぎることはありません。
しかし、サプリメント等を利用して摂り過ぎると
高カルシウム血症を引き起こして、腎臓や血液に障害が出たり、
尿路結石を起こしたりすることもあります。
また、マグネシウムや鉄、亜鉛などの他のミネラルの
吸収を阻害することもあります。

上記でお伝えした1日に必要なカルシウムの量を
もう一度チェックしてみてください☆


 カルシウムを上手に摂る方法は!?


カルシウムは、牛乳やチーズといった乳製品や、
小松菜や水菜といった青菜、干しエビやしらすなどの魚介、
生揚げ(厚揚げ)などの大豆製品やひじきなどの海藻に多く含まれます。

しかし、実はカルシウムの吸収率は食品によって大きな差があります。
一番吸収率の良い食品は、牛乳・乳製品で約40%です。
魚は約30で、青菜は約20%。
吸収率が良くて一度にしっかり摂れる牛乳や乳製品は
毎日200ml(g)程度を目安に取り入れられると良いですね☆

さらに!
実は、カルシウムの吸収を妨げる成分と、促す成分があります。

カルシウムの吸収を妨げる成分とは・・・
■シュウ酸 (ほうれん草などに多い。しかし茹でると減少する。)
■フィチン酸 (豆、穀類に多い)
■過剰のリン (カップラーメンや清涼飲料水など
 加工食品に添加物として利用されることが多い)
■過剰の食物繊維 (サプリメントなどで摂り過ぎる場合) です。
量はほどほどにすると良いですね。

反対にカルシウムの吸収を促す成分とは・・・
■ビタミンD(鮭などの魚介類やきのこ類に多い)
■クエン酸(お酢や柑橘類に多い)
■糖分(主食に多い)
■CPP(牛乳中のたんぱく質:カゼインホスホペプチド) です。
特にビタミンDは、カルシウムの吸収に必要なたんぱく質の
合成を促すだけでなく、カルシウムが骨に沈着するのも助けるため
一緒に摂ると効果が一層上がります。

ご参考ください☆

さて、カルシウムとセットにして取り入れたいミネラルが
⇒ 【マグネシウム】です。
次回はこのマグネシウムについてお話します。
お楽しみに!


あなたの健康への道のり、応援しています♪
フレー!フレー!!!

======================■□■

【編集後記】

春野菜って苦みがありますよね。
数十年ぶりに食べた「つくし」も、フキノトウも、タラの芽も
ほろ苦さが美味しく感じられます。

でも、子どもの時は全然食べられませんでした。
美味しいなんて口が裂けても言えないくらいでしたが
今ではむしろ「大好き!」です。
両親が好んで食べていたものを、
今では同じような味覚で好んで食べていることに気がつくと
当たり前ですが「大人になったなぁ」と改めて思います☆笑


健康や酵素についてのメールマガジンご案内
オーエム・エックスでは、お客様に最新の予防医学情報や健康情報をお届けするために、毎週メルマガを発行しています。代表である農学博士の高畑は、専門知識を活かして乳酸菌や腸内細菌、さらには酵素についての情報などを研究データを交えながら発信しています。また管理栄養士の宗は、「すずみん」としてみなさんの日常生活になじみ深い栄養情報や運動情報を親しみやすくお届けしています。ぜひ、弊社ホームページの会員登録後に「メルマガを購読する」にチェックしてください。

生酵素サプリのオーエム・エックス メールマガジンお申込み(会員登録)